自動車 合宿免許とは

自動車 合宿免許とは短期集中で連日教習を受けながら卒業を目指す宿泊型の教習システムです。 入校から卒業までカリキュラムがスケジュール化されており、効率よく教習を受けることができるので、短期間で教習所卒業を目指す方には最適(メリット・利点)です。 当たり前、卒業までの教習費用に「宿泊費」+「食費」+「交通費」がセットになった、格安パック料金です。 合宿免許を選ぶ学生さんが多い。   以下:自動車学校 合宿 日数 ※あくまで参照情報となる。車種、学校によって日数が異なる。 車種 所持免許 卒業までの最短日数 普通車 MT車 なし・原付 16日~ 自動二輪 AT車 なし・原付 14日~ 自動二輪 普通自動二輪 MT車 なし・原付 8日~ 普通車 AT車 なし・原付 7日~ …

自動車 合宿免許とは Read More
自賠責保険とは

自賠責保険とは

自賠責保険とは 自賠責保険は、交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補てんすることにより、基本的な対人賠償を確保することを目的としており、原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車に加入が義務付けられています。 なお、無保険車による事故、ひき逃げ事故の被害者に対しては、政府保障事業によって、救済が図られています。 自賠責保険の特徴 ①原動機付自転車を含むすべての自動車は、自動車損害賠償保障法に基づき、自賠責保険(共済)に入っていなければ運転することはできません。 ②自動車の運行で他人を死傷させた場合の人身事故による損害について支払われる保険(共済)で、物損事故は対象になりません。 ③被害者1名ごとに支払限度額が定められています。1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者の支払限度額が減らされることはありません。 ④被害者は、加害者の加入している損害保険会社(組合)に直接、保険金(共済金)を請求することができます。 ⑤当座の出費(治療費等)にあてるため、被害者に対する仮渡金(かりわたしきん)制度があります。 ⑥交通事故の発生において、被害者に重大な過失があった場合にのみ減額されます。 自賠責保険の加入方法 自賠責保険(共済)への加入の窓口 自賠責保険(共済)は、損害保険会社(組合)の支店等をはじめ、クルマやバイクの販売店などで取り扱っています。 また、原動機付自転車・125ccを超え250cc以下のバイク(軽二輪)については、郵便局(一部取扱いのない局もあります)からでも手続が出来るほか、一部の保険会社(組合)では、インターネットやコンビニでも手続が出来ます。 加入に必要な書類 ➤車検のある車種 自動車検査証(車検証)、現在契約されている自賠責保険(共済)証明書 ➤車検のない車種(原付、125ccを超え250cc以下のバイクなど) 原動機付自転車…標識交付証明書、現在契約されている自賠責保険(共済)証明書 125ccを超え250cc以下のバイク(軽二輪)…軽自動車届出済証、現在契約されている自賠責保険(共済)証明書 主な車種・期間の保険料(共済掛金) 60ヶ月 48ヶ月 36ヶ月 24ヶ月 自家用自動車 - - 35,950円 25,830円 …

自賠責保険とは Read More
仮運転免許とは

仮運転免許とは

仮運転免許とは、日本の運転免許証のひとつで、自動車運転免許を取得しようとする者が、路上で運転の練習をするために必要な運転免許である。 一般的には「仮免許」・「仮免」(かりめん)などと略して呼ばれることが多い。これに対して、最終的に得ようとする自動車運転免許は「本免許」・「本免」(ほんめん)などと呼ばれる。警視総監または各道府県警警察本部長の許可のもと発行される形を取っている。 ここでは仮免許保持者の路上練習について、概要で説明する。また、指定自動車教習所・自動車教習所において指導員の下行われる、いわゆる「高速教習」・「高速教程」についても後述する。 仮運転免許の有効期間 仮運転免許の有効期間は、道路交通法第87条第6項の規定により、仮運転免許の運転免許試験(適性検査)を受けた日から6か月とされている。 ただし、有効期間に達する前に大型自動車仮免許を受けた者が第一種又は第二種の大型自動車免許を受けたとき、中型自動車仮免許を受けた者が大型自動車若しくは中型自動車を運転できる第一種又は第二種免許を受けたとき、準中型自動車仮免許を受けた者が大型自動車若しくは中型自動車、準中型自動車を運転できる第一種又は第二種免許を受けたとき、普通自動車仮免許を受けた者が大型自動車若しくは中型自動車、準中型自動車、普通自動車を運転できる第一種又は第二種免許を受けたときは効力を失うものと規定されている。 また、本免許技能試験合格後、道路交通法により取得時講習が義務づけられている。この場合も仮免許証が必要になるため、事前に申請すれば、取得時講習のために仮免許の有効期限を延長(形式的には仮免許学科試験および技能試験免除で再取得)することができる(技能試験合格前に有効期限が切れた場合は、再度仮免許を受けなければならない) 仮運転免許の種類 大型自動車仮免許(大型仮免許 ) 中型自動車仮免許(中型仮免許) 準中型自動車仮免許(準中型仮免許 ) 普通自動車仮免許(普通仮免許)

仮運転免許とは Read More
駐車と停車 の違い

駐車と停車 の違い 駐車違反の罰則?

駐車 とは 駐車とは つぎのような場合の車の停止をいいます。 1.車が継続的に停止すること。 ☞客待ち、荷待ちによる停止 ☞5分を超える荷物の積みおろしのための停止 ☞故障などによる停止 2.運転者が車から離れていて、 すぐに運転できない状態で停止すること。   停車とは 停車とは駐車にあたらない車の停止をいいます。 ☞人の乗り降りのための停止 ☞5分以内の荷物の積みおろしのための停止 ☞運転者がすぐに運転できる状態での短時間の停止   駐車と停車の違い(ポイント) ・人待ち、荷待ちのための停止は「駐車」 ・人の乗り降りのための停止は「停車」 ・荷物の積み降ろしは5分以内は「停車」、5分を超える場合は「駐車」   駐車が禁止されている場所 車はつぎの場所では駐車してはいけません。 しかし、警察署長の許可を受けたときは駐車することができます。 (警察署長の許可:引っ越しや冠婚葬祭などの行事に使用する車、その他公益事業に使用する車などで、駐車することがやむを得ないと警察署長が認めた場合には、駐車を許可されます。) 1.駐車禁止の標識や標示のある場所 2.火災報知機から1m以内の場所 3.駐車場、車庫などの自動車用の出入口から3m以内の場所 4.道路工事の区域の端から5m以内の場所 …

駐車と停車 の違い 駐車違反の罰則? Read More